入間市博物館ALIT展示案内2007年度の特別展

2007年度の特別展


第11回「むかしのくらしと道具展」

実施日時 :  2008年1月6日(日)〜2月11日(月) 9:00〜17:00
会場 : 特別展示室・市民ギャラリー
観覧料 : 無料

むかしのくらしと道具展
はきものや傘のコーナー。
このほかに、かぶりもの、はかる道具のいろいろが展示されています。

昭和初期と昭和30〜40年代の部屋を再現するコーナーなど、市民のくらしや地域の様子をご寄贈いただいた資料で展示します。また、石臼や手作り玩具などの体験コーナーを設け、休日には親子で楽しめる催しをします。
協力:入間市老人クラブ連合会
   入間市博物館ボランティア会


関連事業
2008年1月6日(日) お正月あそび
2008年1月12日(土)〜14日(月) むかし映画マラソン
2008年1月19日(土) 綿から糸つむぎ
2008年1月20日(日) まゆ玉づくり
2008年1月27日(日) 街頭紙芝居と蚊帳体験
2008年2月2日(土) お手玉づくり
2008年2月11日(月) 街頭紙芝居と蚊帳体験 
このほか、会期中の土曜・日曜・祝日には屋外で昔のあそびや仕事の道具を自由に体験できる「たいけん広場」もあります。

第五回館蔵煎茶道具展 〜茶をそそぐ〜 急須の世界

実施日時 : 2007年4月28日(土)〜6月3日(日) 9:00〜17:00
終了しました
会場 : 特別展示室・市民ギャラリー
観覧料 : 無料

急須の世界

 江戸時代の作家の作品から現代までの急須約130点。その他汽車土瓶・イギリスのポット・煎茶書・茶葉資料・浮世絵、急須製作過程等もあわせて展示しました。31日間で5,085人のお客様にご覧いただきました。
写真は江戸時代の文人好みと、京焼の名誉陶工青木木米・仁阿弥道八・尾形周平らの作品です。

関連事業
1.陶芸家による急須製作実演(飯能破草鞋窯 岸道生さん)
2.お茶の飲みあて大会
3.煎茶席体験〜江戸時代のいれかたで〜(入間市茶道連盟 馬場準さん)
4.急須作家と学芸員の公開対談「急須を語る」(笠間甚八窯 小川甚八さん)
5.お茶がテーマの遊びの広場
6.ギャラリートーク

アリット・フェスタ2007 特別展 入間を創った人たち

実施日時 :  2007年10月20日(土)〜11月25日(日) 9:00〜17:00
終了しました
会場 : 特別展示室・市民ギャラリー
観覧料 : 一般200円/大学・高校生100円/中学生以下・65歳以上の方は無料

吉川温恭
狭山茶の復興に貢献した吉川温恭

第1部では「今日の入間を築いた人々」をテーマに、入間という町を形成するのに貢献した人物を、産業・教育・自治など、分野別に紹介します。
第2部では「入間の先人たち」をテーマに入間市出身の偉人の業績を紹介します。
関連事業 講演会(14:00〜15:30)
     10月27日(土)「入間の武蔵武士」
             浅見泰志(当館学芸員)
     11月10日(土)「狭山茶を復興した人々」
              工藤宏(当館学芸員)
     11月14日(水)「狭山夜話」上映会
              工藤宏(当館学芸員)
     11月24日(土)「繁田武平と豊岡大学」
       大野晴代(川越市立広谷小学校教諭)
申込み:9月26日(水)から電話で博物館まで。
                  各先着140名。

ギャラリートーク(14:00〜15:00) 10月20日(土)・28日(日)・11月3日(土)・11日(日)・18日(日)・23日(金) 
             申込み不要