タイトル:
セピア色の点描 写真が語るあの頃の入間
会期:
2002年 11月1日 から 12月15日
展示概要:
市民からの寄贈資料のうち、明治・大正・昭和の貴重な写真約400点を、「風景」や「くらし」といったテーマ別に紹介。

関連事業:

講演会

「風景を撮る-写真で語る人と自然のいとなみ」
11月23日(土) 午後2時から 講師 地理写真家 石井實氏

「くらしを撮るー写真でつづる身近な人々」
12月8日(日)午後2時から 講師 民俗学写真家 須藤功氏

ワークショップ

「セピア色の写真―アルビュメン・プリントを作ろう!」
(アルビュメン・プリント=鶏卵紙。卵や酢を材料に印画紙を作る)
11月3日(日)午後1時30分から/11月4日午前10時〜4時
講師 東京都写真美術館保存科学専門員 荒井宏子氏

古写真ハイキング

「古い写真を持って入間を歩こう!」
豊岡地区コース 11月9日(土)午前10時から午後3時
西武地区コース 11月16日(土) 午後10時から午後3時
講師 入間市文化財研究同好会

もどる