インドの茶


19世紀中ごろ、イギリス人によって茶園が開拓されたインドは、世界一の紅茶生産国です。インドでは、チャイと呼ばれる甘いミルクティーが好まれ、街頭や駅・バス停などでは、チャイを売る店(茶店)が見かけられます。


イギリスの喫茶風景
インドの喫茶風景


チャイを飲む器(ガラスコップと素焼きの器)

チャイを飲む器(ガラスコップと素焼きの器)

チャイ(インド式のミルクティー)は、ガラスコップ など、さまざまな器が使われます。素焼きの器は、使い捨ての器で、むかし日本にもあった汽車土瓶のような物です。