入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2010年2月13日

「利休忌」にあわせて常設展「利休の茶室」を展示替えしました。
わび茶の祖、千利休は天正19年(1591)2月28日、70歳でその生涯を終えました。この「利休忌」にあわせて、常設展「茶の世界」の一角にある利休の二畳の茶室(豊臣秀吉の大坂城にあった茶室を再現したもの)のしつらえを展示替えしました。
昨年度から始めた「利休忌」の展示ですが、天目茶碗と天目台、菜の花やお饅頭が供えられて、ちょっと道具替えをしてみると、常設展示にも新鮮さが戻ってきたように感じられます。4月には春をテーマにした展示替えを行う予定です。