入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2012年9月27日

「エントランス展示」コーナーができました
入口を入って正面の階段下に、「エントランス展示コーナー」を設置しました。これまでは仮設の展示コーナーでしたが、新しく展示壁を設置し、ちょっとグレードアップしました。黒澤館長考案の背景壁は、展示の内容により3色を使い分けられ、絵画やパネルなども展示しやすくなっています。いつでも新鮮な顔で皆様をお迎えできるよう、どんどん展示替えをしていく予定です。今回の展示は11月14日(水)までです。
※9月27日(金)〜10月2日(火)は「アリットお茶まつり」のため休止します。

新装なったエントランス展示の第一弾は「いろんな急須とミニチュア茶道具」。市内のコレクターの方からいただいた新着の寄贈資料のご紹介です。
寄贈された急須コレクションの一部。近年は、茶殻の始末がしやすく、お茶がおいしく入るように、さまざまな工夫をこらした急須が開発されています。
木製のものや陶磁器製のミニチュア茶器コレクション。おどろくほど小さなものですが、急須の口にはちゃんと穴があけられ、コーヒーミルの取っ手も回ります。蓋もすべて開閉できます。
ミニチュア茶道具コレクションのきっかけとなった観光地のおみやげ物。寄贈者の方が子供の頃、奥多摩、塩原温泉、京都などで買い求めたものだそうです。