入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2014年4月5日

今年の桜・・・館庭のあちこちを歩いておさらいしてみました。
画像 ソメイヨシノと富士山
昨日、埼玉県内ではひょうが降ったり強風が吹いたりのお天気でしたが、今朝は一転して快晴。久しぶりにすっきりとした青空と富士山が望めました。絶好のシャッターチャンス・・・と、屋上へ登ってみると・・・満開のソメイヨシノと富士山がしっかりとファインダーにおさまりました。
画像 桜
市民広場を見下ろしてみると、満開のソメイヨシノの淡いピンク色の帯。上から眺める桜も新鮮です。
画像 桜
茶室や池のあるハケ下の館庭を見下ろすと、外周道路沿いの桜並木も一望できます。快晴の朝日を浴びて輝いていました。
画像 東京スカイツリー
視線を少し上げてみると、都心の超高層ビル群の向こうに東京スカイツリーの姿も見えていました(鉄塔の右、青い看板のある建物の上のあたりです)。
画像 桜
屋上を後にして、館庭のあちこちを歩いてみます。まずは先ほど見下ろしていた市民広場の桜。芝生の上にはお花見用のブルーシートも見えます。
市民広場から、茶室のあるハケ(段丘崖)下の庭へ。ハケの斜面ではユキヤナギの花も満開。長く寒かった冬を乗り越えて、勢いよく溢れ出したような花々は、もこもことした波頭のようです。
画像 桜 茶花の小径
外周道路に近い「茶花の小径」。まだ見ごろの茶花はほとんどありませんが、ソメイヨシノの木陰は春の散歩にうってつけです。左手のほうに伸びているのは博物館外周道路(「町屋坂」)沿いの桜並木。例年市民広場よりも早めに開花します。
画像 新緑と桜
外周道路(町屋坂)の桜を背後に、ハケの斜面を見ています。満開のソメイヨシノの向こうに見える雑木林(野草保存林)の木々も、ようやく芽吹いてきました。間もなく新緑の美しい季節を迎えます。
画像 桜 新緑
視線を下すと道の上には桜の花がレースのような影を作っていました。
画像 カタクリ
野草保存林の林床には、こちらも春の訪れを告げる可憐な花、カタクリが開花しています。例年ソメイヨシノとカタクリはほぼ同時期に楽しむことができます。
画像 カタクリ
こちらの林では、にぎやかなお花見とは趣の異なるひそやかなお花見が楽しめます。希少な野生植物を大切に見守りたいものです。
画像 花見
午後には少し雲が出てきましたが。市民広場にはお花見の輪があちこちにできていました。今年はソメイヨシノの見ごろが週末と重なり、開館以来もっとも大勢のお花見のお客様でにぎわっていたようでした。