入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2014年5月2日

新茶シーズン到来・・・八十八夜の博物館
鯉のぼり 手揉み狭山茶
新茶シーズン到来を告げる八十八夜(五月二日)。大きな鯉のぼりの泳ぐ下での手揉み狭山茶づくりです。この鯉のぼりは市内の方から寄贈していただいた古い和紙製のもの。かなり傷みがあったのですが、学芸員実習生と職員とで修復を終え、展示できるようになりました。
画像 八十八夜 手揉み狭山茶
今年は生育が遅めで、まだ博物館の茶畑で茶摘みはできませんが、別の茶畑の茶葉を使い、博物館ボランティア会として活動する「八木手揉み狭山茶道場」のみなさんが自主練習を兼ねて手揉み狭山茶づくりを行いました。
新茶シーズンに合わせ、常設展示室でも資料の特別公開中です。