入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2014年9月3日

"野田双子織は幕末から明治にかけて入間市野田を中心に生産されていた綿織物です。
今回は講義と体験で双子織の理解を深める講座が開かれました。
8月27日、9月3日の2回にわたる講座です。
[埼玉大学 田村均教授による講義]
「入間市の織物がすごかった」ということを写真やデータで説明してくださいました。
 
[小管巻き]
2本引き揃えた綿糸を管に巻き、よこ糸にします。
 
[織りの体験]
織機を使って織ってみます。
 
[自然の植物で染めた糸]
野田双子織保存会の方々が染めた糸です。
 
[着物まで仕上げたもの]
体験では、実際に双子織で作られた着物を着てみました。
 
"毎月、第1水・土曜日13:00〜15:00にはアリットで野田双子織の体験ができます。ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか?