入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2015年3月22日

「また春が来た」・・・館庭の自然散歩
館庭の自然散歩 画像
お彼岸だというのに冬に逆戻りしたような陽気だった昨日から一転、今日は温かな一日でした。館庭でも春の花々が目につくようになってきました。ボランティアスタッフ、福地さんの案内で、月に一度の「館庭の自然散歩」が実施されました。今日は、「また春がきた」をテーマに、さまざまな花を観察しながら歩きました。
館庭の自然散歩 ツバキ 画像
スタートはツバキの花。木へんに春、と書く、春の花の代表ですね。野生のツバキはその名の通り春先から開花しますが、このツバキは品種改良された園芸種なので、真冬のうちから花をつけるそうです。ここで、植物にとっての花の役割などの説明があり、なるほど本来なら花粉を運んでくれる虫たちが活動を始める季節に咲くんだなあと納得。
館庭の自然散歩 アセビ 画像
いったん駐車場の方へまわり、アセビを観察。漢字で書くと「馬酔木」。春先からかわいらしい花々で目を楽しませてくれますが、有毒な植物なのだそうです。小さな壺のような形は、受粉を助けてくれる特定の虫を想定しているんだとか。中のめしべやおしべの形もルーペを使って観察させてもらいました。
館庭の自然散歩 河津桜 画像
こんどはレストラン前に移動。少し前に河津桜が満開を迎え、葉も出てきています。
河津桜 画像
濃いめのピンク色の河津桜の花が、青空に映えていました。
館庭の自然散歩 本館とソメイヨシノ 画像
振り返って博物館本館前のソメイヨシノを見ると、開花はまだ少し先のよう。ソメイヨシノは江戸時代の終わりに誕生した品種で、私たちが目にする木々はすべて同じ遺伝子を持つクローン。ソメイヨシノどうしでは受粉しても実がならないそうですが、ヤマザクラとの交配などにより実がつくことがあるのだそうです。右に見えているのは「さやまかおり」という品種のチャの木。こちらも挿し木などで増やされたクローンです。
ソメイヨシノの花芽 画像
ソメイヨシノの花芽。まだ色づきはありませんが、少しふっくらとしてきたようです。
館庭の自然散歩 ハケ下 画像
こんどはハケ下に移動します。あちこちの木に花が咲いているのが見え、春らしくなってきたなあと感じます。中でも黄色いサンシュユが目につきます。
サンシュユの花 画像
サンシュユは小さな花がおだんごのようにまとまってつくのが特徴。一か所に花がまとまっているので、あまり移動しなくてもたくさんの花と虫が接触できるようになっているのだそうです。
ヒヨドリ 画像
花に来るのは虫だけではありません。さきほどサンシュユの木から飛び立ったヒヨドリが、茶室裏のコブシの木でひとやすみ。
館庭の自然散歩 サクランボの花 画像
河津桜とともにいちはやく花をつけて私たちを楽しませてくれるサクランボ(セイヨウミザクラ)の木。満開を少し過ぎたところでしょうか。
モクレン 画像
こんどは満開のモクレンの大木の前に移動。少し前まではつぼみだったのに、一斉に開いて、びっくりするぐらいたくさんの花がついています。この光景を見ると、春が来たなあ、と毎年感じます。(つづく)