入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2015年3月5日

「アリットの雛まつり」開催中です!
江戸時代の古今雛 画像
現在開催中の「アリットの雛まつり」。正面玄関を入ると、3組の内裏雛がお客様をお迎え。今回、館蔵の江戸〜明治時代の古今雛が初めて勢ぞろいしました。いずれも市内の旧家から寄贈していただいたものです。このうち1組は、昨年埼玉県内で最も古い古今雛と確認され、専門家に修復していただいた貴重なものです。
芥子雛 画像
振り返ると、展示ケースの中に2組のお雛様。左側は昭和初期の「芥子雛(けしびな)」と呼ばれるとても小さなかわいらしいもの。右側は大正時代の内裏雛です。
市民の雛人形 画像
館蔵の雛人形のほか、今年も市民のみなさんに、6組の愛蔵の雛人形を展示していただきました。大正時代から平成までと幅広い年代、地域のもの。形態や趣もさまざまでバラエティに富んでいます。
アリットの雛まつり 画像
今日は小さなお客様も雛人形を楽しく見て行ってくれました。珍しい御殿雛を見て、何かお話ししているようですね。
つるし雛 画像
特別展示室では、ひなまつりのシーズンに合わせて、市民のグループのみなさんが製作した「ちりめん細工・つるし飾り」の展示会も開催中。大勢のお客様が来館されていました。みなさんが心をこめて作った力作がそろい、展示室は華やかな春の雰囲気でいっぱいです。
こども つるし雛 画像
こちらの展示会も小さなお客さんたちが訪問。かわいらしいちりめんのモチーフに子どもたちも目を輝かせていました。近所の保育園からお散歩に来てくれたそうです。