入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2015年4月14日

祝100周年!武蔵野鉄道開通から明日で100年。
入間市駅・仏子駅も100歳を迎えます!
 武蔵野鉄道開業広告 画像
大正4年4月15日、武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)が池袋−飯能間で開業しました。入間市内では豊岡町駅(現在の入間市駅)、仏子駅が同時に営業開始。写真は、「開通広告」(開通の日にちが実際とは異なっています)。裏面には開通当時の時刻表が掲載されています。
※この資料は4月・5月・6月の旧黒須銀行公開にあわせて展示予定です。
鉄道の旅昭和の旅 エントランス展示 画像
博物館のエントランスホールでは、入間の鉄道100周年にちなんで、「鉄道の旅・昭和の旅」というミニ展示を行っています。(4月19日まで)
駅弁容器 汽車土瓶 画像汽車土瓶 画像
鉄道の旅の楽しみといえば、旅先での駅弁。焼物の容器も風情がありますね。駅弁のお伴といえば駅売りのお茶。現在はPETボトル入りのものにすっかりその座を奪われましたが、かつては「汽車土瓶」と呼ばれる陶器製の容器に入ったお茶が主流でした(下の写真下段)。容器はその後ポリエチレンなどのプラスチックに変わっていきました。
土産物 太陽の塔 画像観光しおり 熱海 画像ペナント 画像
昭和の旅のお土産の定番!各地のお土産こけし・置物や絵葉書・しおり、ペナントなども展示しています。
小さなコーナーですが、ご来館の際にはぜひご覧になってくださいね。