入間市博物館ALIT > 歳時記・ニュース

歳時記


2015年8月16日

 
夏です。セミの声が響きわたる館庭で、今、目立つ植物を紹介します。
 
 キツネノカミソリ 画像
地面からにょっきり花が生えるキツネノカミソリ。葉はまだ木々の葉が茂る前の春に出て、存分に光合成し、花が出る前に消えてしまいます。
キツネノカミソリ 花 画像
キツネノカミソリ花のアップです。こちらは館庭斜面の雑木林で見られます。
ヤブランの花とセミの抜け殻 画像
こちらはヤブランの花にセミの抜け殻が。
ヤブランの花
ヤブランは少し暗めの雑木林でよく見られる紫色の花です。
ノコンギク 画像
野菊も咲き始めました。これも雑木林でおなじみのノコンギクです。
 
タカサゴユリ 画像

タカサゴユリ 画像

日当たりのいい場所へ行くと、ここにも思わぬところからにょっきり生えている大きなユリが!タカサゴユリやシンテッポウユリと呼ばれる外来種のユリです。風で種子が飛んでくるので、思わぬところで花を咲かせていてびっくりします。道路わきのちょっとした隙間から生えていることも。これからの季節、非常に目立ちます。
 
 
季節の花咲く館庭散歩へぜひお越しください。
館庭の自然散歩は8月23日午後2時から、当日どなたでも参加できます。