入間市博物館ALIT出版物展示図録 > 出版物詳細

展示図録


入間川再発見! 身近な川の自然・歴史・文化をさぐって

入間川再発見! 身近な川の自然・歴史・文化をさぐって
発行年:  2004年9月30日
判型:  A4判
頁数:  136ページ(付録14ページ)
価格:  900円(税込)
※品切れ(館内の資料閲覧室で閲覧できます)
※ご購入をご希望の方は、川越市立博物館(049-222-5399)では、まだ在庫がありますので、お問合せください。

内容

 入間川流域の川越市立博物館、狭山市立博物館、入間市博物館、飯能市郷土館、名栗村教育委員会(当時)が合同で実施した企画展の図録。源流から荒川に合流するまでの全流域を自然、歴史、くらし、文化など多方面から紹介し、身近な川の知られざる魅力を再発見できる。また、別冊付録の「散策ガイド」では、入間川を再発見できる散策コースを詳しい地図で紹介している。


目次

第1章 入間川の生い立ち
 入間川の位置と流域/入間川の生い立ち
第2章 入間川の自然とくらし
 源流の森/名栗村の歴史と民俗/入間川の生き物/入間川の漁と川釣りの世界/川と信仰/川をめぐる争い・川を治める/水車稼ぎ・渡船場稼ぎ/武州見直し一揆と飯能戦争/写真に見る流域の近・現代/川での楽しみ・祭り
第3章 入間川の筏流し
 西川林業/入間川の筏流し/筏師が見た入間川/他地域の筏流し
第4章 中世社会と入間川流域
 入間川流域の武蔵武士/中世入間川流域の信仰
第5章 狂言『入間川』の世界
 狂言について/狂言『入間川』
付録(別冊)入間川散策ガイド
 入間川源流と水源の森を訪ねる/入間川中流の橋と堰をめぐる/湧水と歴史を訪ねて段丘を歩く/狂言『入間川』の背景を知る/河越館跡周辺を歩く/荒川合流点と古尾谷荘を歩く