入間市博物館ALIT出版物研究紀要 > 出版物詳細

入間市博物館紀要


入間市博物館紀要 第2号

入間市博物館紀要 第2号
発行年:  2002年3月31日
判型:  A4判
頁数:  86ページ
価格:  600円(税込)

目次・内容(キーワード)

●入間市博物館ALITの新たな試み―真の市民参加型博物館の実現をめざして―・・・p1-6
 (キーワード:生涯学習、市民参加、ボランティア)
●自然環境からみた狭山茶産地・・・p7-20
 (キーワード:狭山茶、照葉樹林帯、北限地帯、台地、上湿下乾)
●住居跡に関する一考察―敷石住居跡の出現―・・・p21-26
 (キーワード:縄文時代、住居跡の変遷、敷石住居跡、坂東山遺跡)
●学校教育支援講座(出前授業)について・・・p27-36
 (キーワード:博物館学習、総合的な学習の時間、学校教育支援講座、出前授業)
●<資料紹介>薩摩丸壺茶入 銘うら千鳥―収蔵資料のドキュメントを追う―・・・p37-43
 (キーワード:薩摩焼、茶入、館蔵資料)
●<資料目録>入間市博物館所蔵鳥類標本目録・・・p44-47
 (キーワード:動物資料、剥製)
●昭和初期の狭山茶の民謡に関する資料―狭山茶人編『武州狭山 茶摘唄』・狭山茶人唄『狭山茶造り唄』―・・・p49-58
 (キーワード:狭山茶、民謡、仕事歌、繁田百鑒齋)
●景勝宮寺八景について―その主題と紹介―・・・p60-74
 (キーワード:八景図、瀟湘八景図、近江八景図、宮寺八景図)
●売茶翁高遊外と文人茶―書状に見る売茶翁高遊外の売茶活動について―・・・p76-86
 (キーワード:煎茶、売茶翁高遊外、文人茶、通仙、清風)