入間市博物館ALIT展示案内2017年度の特別展

2017年度の特別展


[特別展 石川組製糸ものがたり]

実施日時 :2017年10月21日(土)〜12月10日(日)
会場 : 特別展示室
観覧料 : 一般200円、大学生以下無料

チラシ画像

チラシ裏

大正から昭和の初めにかけて全国有数の製糸会社であった石川組製糸についての特別展を開催します。

明治26年(1893)、埼玉県豊岡町(現 入間市)で生まれた小さな座繰り製糸工場を出発点として、大正時代末には県内外9つの工場に生糸釜3,500、約4,000人の女子工員が働く大製糸会社へと成長した石川組。キリスト教に基づく博愛的社風を特徴としたこの会社は、昭和12年(1937)に解散し、今では往時を偲べるものも少なくなりました。その盛衰とそれにかかわった人々の数、西洋館・武蔵豊岡教会といった今も残る文化遺産などを、人々の記憶と残された資料から掘り起こします。

[第21回むかしのくらしと道具展]

実施日時 :2018年1月6日(土)〜2月14日(水)
会場 : 特別展示室
観覧料 : 無料

昨年度の様子

小学校3年生の郷土学習にあわせて開催します。昭和初期、昭和30〜40年代に入間市内で使われた衣食住や小学生の道具や写真などを展示します。毎日できる石臼や遊びの体験コーナーや週末にはイベントもあります