メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 当館について

当館について

ALITとは?

ALITとは、市民のみなさんから寄せられた多くの案から選ばれた、博物館の愛称です。

Art・Archives

主催事業として美術展を開催するほか、市民に創作発表の場(市民ギャラリー)を提供する美術館的機能をもっています。

また、地域の歴史資料として重要な文書などを収集・公開し、その活用をはかる文書館的機能をもった博物館です。

Library

地域やお茶に関する図書類・映像ソフトの閲覧、視聴ができる、ライブラリー機能をあわせもつ博物館です。

Information

地域の歴史・民俗・自然・文化等に関するさまざまな情報を市民に提供し、地域の情報センターとなることをめざす博物館です。

Tea

狭山茶の主産地である入間市の博物館として、狭山茶をはじめとする日本各地や世界のお茶の製造・喫茶風習、茶道文化などに関する調査研究を行い、さまざまな形で情報を提供していきます。

これらの頭文字を組み合わせて ALIT(アリット)といいます。

入間市博物館の概要

以下の関連リンクより入間市博物館の概要をご覧いただけます。