メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

催し物紹介

更新日:2021年12月31日

企画展「文化を継承する埼玉の工芸作家~人間国宝の茶道具を中心に~」

開催場所 市民ギャラリー・特別展示室
日時 10月16日()~12月 5日() 09:00~17:00
費用 一般300円 高校生以下及び各種社会保健福祉手帳をお持ちの方とその付添いの方無料 ※常設展別途(常設とセットで一般450円)
定員 新型コロナウイルス感染症対策で混雑時に入場制限を行う場合があります。
関連URL https://www.alit.city.iruma.saitama.jp/news/20210918135629.html
お茶の魅力を発信する施設として親しまれている入間市博物館にて、埼玉県にゆかりのある重要無形文化財保持者(人間国宝)の手による茶道具を中心に、高度な技術をもって産み出された工芸作品の展覧会を開催します。
漆芸・陶芸・金工・彫金の工芸各分野における人間国宝、その後継者らによる作品など約50点を展示します。埼玉県が世界に誇る文化を、時代を超えて継承していく工芸作家の作品が湛える深い魅力を堪能していただけることでしょう。