メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > お茶の博物館 > たいけんコーナー > 電子レンジでお茶をつくってみよう

電子レンジでお茶をつくってみよう

更新日:2020年10月26日

よういするもの

  • お茶の葉200グラム
  • キッチンペーパー
  • 皿(さら)注:電子レンジに入れられるもの
  • ござ
  • 電子レンジ

つくりかた

つんできたお茶の葉を200グラム計る

(1)つんできた200グラムのお茶の葉をござの上に広げる。
1時間くらいひかげでほします。

皿の上にキッチンペーパーをしいて、その上に100グラムの茶の葉をおき、ラップでおおう

(2)皿の上にキッチンペーパーをしいて、その上に100グラムの茶の葉をおき、ラップでおおう。

茶葉を電子レンジにかける

(3)電子レンジを強(600ワット)にして、3分間かける。
残りの100グラムも同じようにする。

ござの上に茶葉をちらして冷ます

(4)ござの上に電子レンジから出した茶葉をちらす。
キッチンペーパーでしめりけをとりながら、4分から5分冷ます。

茶葉をござの上でてのひらでころがすようにもむ

(5)冷めた茶葉をまとめて、てのひらでござの上でころがすようにもむ。
葉っぱがネバネバするくらいくりかえす。(3分くらい)

ふたたび茶葉を電子レンジにかける

(6)かたまった茶葉をほぐして、ふたたび皿の上にキッチンペーパーをしいて、その上に茶葉をちらす。
これを電子レンジ強(600ワット)で2分間かける。

茶を手で針のように揉みほぐして冷ます

(7)葉をほぐしながら、ござにちらして冷ます。
両手でまとめてすくい、手の中の茶葉を両手のひらで、こすりながら針(はり)のようにしていく。
固まった葉もほぐして、針のようにもんでいく。(3分間)

(8)6と7を3回くりかえす。

できあがった茶葉

(9)200グラムの葉っぱから40グラムのお茶ができます。
電子レンジから取り出した茶葉はよく冷まして茶カンに入れる。

考案:入間市博物館 工藤 宏