メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 出版物 > 1.展示図録 > 北限への旅路―茶の自然と歴史を訪ねて―

北限への旅路―茶の自然と歴史を訪ねて―

更新日:2020年10月23日

北限への旅路―茶の自然と歴史を訪ねて―の表紙
発行年
1999年5月1日
判型
A4判
頁数
95ページ
価格
700円(税込み)
重さ
320グラム
コメント
品切れ

北限への旅路―茶の自然と歴史を訪ねて―

内容

茶は中国南部が原産地と考えられており、温暖な気候に生育する植物である。狭山茶産地は、茶栽培が経済的に成り立つ北限地帯に位置する。茶は、中国南部から総延長4,600キロメートルを旅してこの北限の地へ根づいたのである。
本書では、「茶はいかにしてこの地へきたのか・・・」というテーマを、植生・地質・気候などの自然地理学的視点と、東国における茶栽培の歴史や、宇治製の蒸し製煎茶法の導入など、史料をもとにした歴史学的視点の両面からアプローチしている。

目次

第1部 北限への旅路

  • 旅のはじまり
  • 照葉樹林帯の道
  • 「ヤマチャ」とは何か
  • そして、さいたまの地へ
  • 茶は山をくだり台地に広がった
  • さらに北をめざして
  • 「解説編」照葉樹林文化と茶のふるさと
  • 茶の伝播と製茶法
  • 茶どころの気候条件
  • 「ヤマチャ」とは何か
  • そして、さいたまの地へ
  • さらに北をめざして
  • ところ変われば茶も変わる

第2部 北限地帯の最大産地―狭山茶どころの自然と歴史―

  • 「狭山茶の自然」茶を育んだ土地
  • 寒さとのたたかい
  • 寒さに強い品種をつくる
  • 「狭山茶の歴史」鎌倉時代以降の東国の飲茶と茶生産の広がり
  • 近世埼玉県域の茶生産と流通
  • 蒸し製煎茶法の模索と技術の習得
  • 狭山茶の産地形成と発展
  • 「狭山茶新時代」緑茶によるがん予防
  • 「特別展関係史料」