メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 出版物 > 5.市史 > 入間市史 近世史料編

入間市史 近世史料編

更新日:2020年10月23日

発行年
1986年12月10日
判型
B5判
頁数
711ページ
価格
3,900円(税込)
重さ
2000グラム
コメント
編集:入間市史編さん室
発行:入間市

入間市史 近世史料編

主な目次

第一部 地誌

  • 第一章 新編武蔵風土記と市域の村々
  • 第二章武蔵国郡村誌と市域の村々

第二部 古文書

  • 第一章領主支配と農村
    法度
    旗本知行と農民
  • 第二章土地と農民
    検地
    入会争論
    新田開発
  • 第三章貢租の賦課
    年貢関係の諸記録
  • 第四章村々の概要
    村明細帳
    村高書上
    村の諸相
  • 第五章村政と出入
    村役人
    村方出入
  • 第六章 宗門改めと戸口
    五人組改めと宗門人別
  • 第七章 河川と水車
    水車の展開
  • 第八章農家の生活
    農家の家計
    質地証文
  • 第九章諸産業の展開
    狭山茶
    酒造の成長
    縞稼ぎ
    桶細工
    宮大工
  • 第十章交通の展開と伝馬負担
    伝馬役
    道普請と渡船場
  • 第十一章 商業活動の発展
    在方商人
    横浜商人
    貸借出入
  • 第十二章 社会生活と宗教
    神社祭祀と出入
    寺院活動と出入
    社会生活の諸相
  • 第十三章 農村窮乏と騒擾
    田安領一揆
    武州世直し一揆
    辰武軍
  • 第十四章 八王子千人同心と村々
    地方千人同心の動向
  • 第十五章 庶民文化の諸相
    俳諧の流行/地方文人の活動