メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 出版物 > 5.市史 > 入間市史調査集録 第2号 金子村地誌

入間市史調査集録 第2号 金子村地誌

更新日:2020年10月23日

発行年
1981年1月10日
判型
A5判
頁数
122ページ
価格
650円(税込)
重さ
310グラム

入間市史調査集録 第2号 金子村地誌

内容

本巻は、明治新政府が明治8年に実施した「皇国地誌」編さん事業の後を受け、明治17年から21年までの旧村の地誌を中心に編集したものである。 集録の旧村は木蓮寺村、南峯村、西三ツ木村、上谷ケ貫村、下谷ケ貫村、花ノ木村と、中神村は明治14年までの地誌、根岸村は明治11年までの地誌を掲載している。入間市の近代史を調べるうえで、貴重である。

目次

  • 解題
  • 武蔵国入間郡木蓮寺村地誌
  • 武蔵国入間郡南峯村地誌
  • 武蔵国入間郡寺竹村地誌
  • 武蔵国入間郡西三ツ木村地誌
  • 武蔵国入間郡上谷ヶ貫村地誌
  • 武蔵国入間郡下谷ヶ貫村地誌
  • 武蔵国入間郡花ノ木村地誌
  • 明治十四年九月地誌編輯草稿
  • 明治十一年六月改村誌取調書