メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 令和6年度 夏休みこどもお茶大学を開催します

令和6年度 夏休みこどもお茶大学を開催します

更新日:2024年7月13日

茶摘みお茶の淹れ方ホットプレートお茶作り

「お茶」や「狭山茶」を学べる講座「夏休みこどもお茶大学」を開催します!

「夏休みこどもお茶大学」は、当館と指定管理者「いるまミュージアムパートナーズ」が主催する小中学生を対象とした講座です。
今年は次の3講座を開催します。茶摘み体験や、時代ごとのお茶の飲み比べ体験など、楽しい講座がもりだくさん!
是非お申し込みください。

お申し込みは、申込みフォームからおねがいします。

7月13日更新 講座(1)「茶摘み体験・手作り茶体験」は抽選となります。

7月30日(火曜日)に実施する講座(1)「茶摘み体験・手作り茶体験」は、すでに定員を超える申し込みがあります。
申し込みは7月17日(水曜日)まで可能ですが、抽選となりますのでご注意ください。

※講座(2)、講座(3)は定員に余裕があります。

講座一覧(1講座から参加できます)

講座(1) 「茶摘み体験・手作り茶体験」

茶摘みをした後、ホットプレートを使用して、家庭でも出来るお茶作りを体験します。摘んだ茶葉は、持ち帰ることができます。

【日 時】7月30日(火曜日)10:00~12:00
【会 場】館庭体験茶園・体験学習室
【参加費】700円
【講 師】工藤宏(元当館学芸員)・双木茂芳(八木手揉み狭山茶道場代表)・八木手揉み狭山茶道場(入間市博物館ボランティア会)
【定 員】24人
【対 象】小学3年生~中学生(保護者の参加も可能です)

講座(2) 「1200年のお茶の歴史を2時間で体験しよう!」

お茶は、1200年前に「煎(せん)じる」、800年前に「点(た)てる」、400年前に「淹(い)れる」飲み方が中国から日本へ伝わり、日本茶の飲み方として現代にも受けつがれています。薬研や茶臼を体験し、それぞれの時代の飲み方でお茶を飲み比べてみましょう。

【日 時】8月1日(木曜日)10:00~12:00
【会 場】体験学習室
【参加費】1,000円
【講 師】日本茶インストラクター協会埼玉県支部・当館学芸員
【定 員】24人
【対 象】小学3年生~中学生(保護者の参加も可能です)

講座(3) 「狭山茶はここから!~お茶を育む「武蔵野台地」の秘密~」

どうして入間市はお茶づくりが盛んなのでしょう?その秘密は「地形」にあり!地形の成り立ちを知れば、お茶の産地になった理由や、「狭山茶」という名前の由来もわかります。クイズに答えて、「武蔵野台地」と「狭山茶」を学ぼう。

【日 時】8月2日(金曜日)10:00~12:00
【会 場】講座室・館庭・常設展示室
【参加費】200円
【講 師】当館学芸員
【定 員】24人
【対 象】小学3年生~中学生(保護者の参加も可能です)

夏休みこどもお茶大学に参加するには

申込受付期間 7月10日(水曜日)~7月17日(水曜日)

お申し込みは、申込みフォームからお願いします(申し込みフォームは、以下の関連リンク欄にもあります)。
定員を超えた場合は、抽選となります。ご了承ください。

※申し込み受付期間後も、定員に余裕がある講座は引き続き申し込みを受け付けます。講座の空き状況については、お気軽にお問い合わせください。

関連ファイル

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。