メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
入間市博物館 アリット

トップページ > 出版物 > 5.市史 > 入間市史 通史編

入間市史 通史編

更新日:2020年10月23日

発行年
1994年8月31日
判型
B5判
頁数
1050ページ
価格
4,000円(税込)
重さ
2650グラム
コメント
編集:入間市史編さん室
発行:入間市

入間市史 通史編

主な目次

第一章 自然―共存と開発―

  • 川と坂のある町―入間市の地形―
  • 関東ロームが語る火山活動の歴史
  • 化石が語る入間市のおいたち
  • 入間市二〇〇万年の歴史をさぐる―関東平野のおいたち―
  • 入間市の風土
  • 植物
  • 動物

第二章 原始―自然の恵みと暮らし―

  • 先土器時代
  • 縄文時代
  • 弥生時代

第三章 古代―窯業の発展と武士団の誕生―

  • 古墳時代
  • 奈良・平安時代
  • 武士団の成立

第四章 中世―動乱の社会―

  • 鎌倉時代
  • 南北朝・室町時代
  • 戦国時代
  • 中世の村落
  • 中世の館跡と鎌倉街道
  • 中世の文化

第五章 近世―庶民生活の興隆―

  • 近世村落の成立
  • 村落の展開と幕政
  • 旗本知行と農民負担
  • 村落の動揺
  • 村落解体の危機
  • 日光脇往還と入間川渡船
  • 近世機業の展開
  • 幕末・維新の社会
  • 庶民生活と文化

第六章 近代―政治的なめざめと産業社会―

  • 戊辰戦争と入間県
  • 入間郡と豊岡地域
  • 新町村制と豊岡町
  • 日露戦争と豊岡地域
  • 大正期の地域発展
  • 昭和恐慌と入間地域
  • 戦時体制下の入間地域

第七章 現代―豊かな暮らしへの創造―

  • 占領・復興期の入間地域
  • 高度経済成長期の入間地域
  • 都市化の進展と入間市